井島鍼灸院ブログ

2016.11.26更新

東洋医学研究所のホームページでは、平成27年3月より、東洋医学研究所グループの山田 篤先生に糖尿病通信を担当して頂いています。

今回は、「糖尿病通信4 ‐血糖のコントロール目標‐」を紹介させて頂きます。



血糖のコントロール目標
  糖尿病の治療目標は「健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)の維持、健康な人と変わらない寿命の確保」です。そのためには血糖コントロール、特にHbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー:過去1~2ヶ月間の平均血糖値を反映)が重要になります。
 

○HbA1c7.0%未満が糖尿病合併症
予防の目標になります。
日本糖尿病学会は2013年5月の熊本大会にて、新たに血糖コントロール目標をHbA1cで「6.0%未満、7.0%未満、8.0%未満」の3段階に集約した上で、糖尿病合併症予防のための目標を「HbA1c 7%未満」としました。

○では、何故「HbA1c 7%未満」なのでしょうか?
 HbA1c 7.0%は、多くの大規模臨床試験から細小血管合併症(糖尿病合併症)予防のボーダーラインであることが示されている値であり、国際的にも広く認知されている値です。

 日本でも1987~1998年に熊本県で行われた日本人の2型糖尿病患者を対象とした「熊本スタディ」では、HbA1cが6.9%未満であれば細小血管合併症の出現する可能性が少ないことが報告されています。
 日本糖尿病学会でも、早期からの血糖コントロールが合併症予防に重要であることを強調した「熊本宣言2013」を発表し、「HbA1c7%未満」を強調しています。
 

○熊本宣言2013
 日本糖尿病学会は、糖尿病の予防と治療の向上に取り組んでいます。
糖尿病は、放置すると、眼・腎臓・神経などに合併症を引き起こします。
 また、脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化症も進行させます。
 糖尿病になった方が健康で幸福な寿命を全うするためには、早期から良好な血糖値を維持することが重要です。
血糖の平均値を反映するHbA1cを7%未満に保ちましょう。

あなたとあなたの大切な人のためにKeep your A1c below 7%

投稿者: 井島鍼灸院

2016.11.01更新

東洋医学研究所のホームページでは、平成27年3月より、東洋医学研究所グループの山田篤先生に糖尿病通信を担当して頂いています。

今回は、「糖尿病通信3 ‐糖尿病治療の目標‐」を紹介させて頂きます。


糖尿病治療の目標
 糖尿病とは簡単に言いますと、「血液中に必要以上に余った糖(高血糖)が、長い間かけて じわじわと身体中をおかしくする」という疾病です。
 では、糖尿病と診断されたとして、糖尿病の 治療が始まる訳ですが、その糖尿病の治療目標は何を目指しているのでしょうか?
 答えは、「健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)の維持、健康な人と変わらない寿命 の確保」です。「維持、確保」とは書かれてい ますが、糖尿病の「完治」とは書いてありませ ん。
 つまり、残念ながら今現在、糖尿病自体は治せない、完治しない疾病だということです。
 しかし、「完治しない」とも書いてはなく、 「維持、確保」と書かれています。つまり、健康な人と変わらない生活が「維持」でき、寿命 も「確保」できる方法があるということです。
 そのためには、「血糖、体重、血圧、血清脂 質の良好なコントロール状態の維持」をするこ とが治療目標になり、特に血糖コントロール目標は以下のように定められています。
 健康維持、寿命確保のためには合併症を予防 することが大切なため、HbA1c(過去1~2ヶ月 間の平均血糖値を反映)7.0%未満が、まず目 指す目標になります。
 次回は、何故HbA1c:7.0%未満なのか、とい うお話です。

投稿者: 井島鍼灸院

SEARCH

CATEGORY

小さな細い鍼で、大きな幸せを。JR「岐阜」駅より車で7分 / 無料駐車場完備最寄りバス停:岐阜バス「柳ヶ瀬西口」小さな細い鍼で、大きな幸せを。JR「岐阜」駅より車で7分 / 無料駐車場完備最寄りバス停:岐阜バス「柳ヶ瀬西口」
  • 058-262-4939 受付時間9:00~12:0017:00~19:00bottom_btn02_sp.png
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ