顔面神経麻痺

顔面神経麻痺のさまざまな症状

顔面神経麻痺とは顔の表情が出せなくなる病気であり、眼や口を動かす筋肉に行く神経が麻痺して働かなくなるために起こるもので、病気になった側の筋肉が収縮せず緩む症状が現れます。
顔面神経麻痺には「末梢性麻痺」と「中枢性麻痺」があります。
「中枢性麻痺」はごくまれに見られますが、「末梢性麻痺」には多くの症例があり、それにはベル麻痺・ハント麻痺・交通事故などによる外傷性麻痺・先天性麻痺・腫瘍性麻痺・中耳炎性麻痺などに分類されます。

ベル麻痺

末梢性麻痺の中でも「ベル麻痺」は約60%を占めるもので、突然に、または朝起きたら顔が曲がっていたり、眼がふさがらなかったり、口の端から食物がこぼれたりするなどの症状が現れ、それで発症に気付くケースが見られます。また耳の後ろの痛みや味覚低下、片方の耳の知覚過敏が現れることもあります。
症状が出てから3カ月~1年以内に、80%は麻痺が軽くなるか治癒するといわれています。

ハント症候群

末梢性麻痺の約20%は「ハント症候群」です。麻痺の前に頭痛や耳痛があり、麻痺に前後して耳介や外耳道に水疱が発生します。中高年者に多く、治癒率は50~60%で、抗ウイルス剤で治療します。
これらのどちらの麻痺も処置が早ければ早いほど経過がよくなります。そのため、麻痺が発症したら放っておかないようにしましょう。
顔面神経麻痺に対して、鍼治療は効果的です。
顔面神経麻痺には疲労や加齢は影響します。そのため鍼治療によって、まずは発症しにくい身体に整えることが期待できます。特にベル麻痺に関しては鍼治療による改善例も報告されています。
早期に治療を開始し、顔面の筋肉の運動を始めることが何より大切です。

顔面神経麻痺の原因について

顔面神経管は人体の中で最も狭く、かつ最長の骨性神経管です。顔面神経管には直角に曲がっている部位があり、そのひとつに膝神経節があります。この膝神経節は神経管の直径が約1mmととても狭く、この部位でヘルペスウイルスが再活性化することによって顔面神経麻痺が生じます。
ベル麻痺の多くは膝神経節における単純ヘルペス1型の再活性化が原因です。一方のハント麻痺は、膝神経節における水痘帯状疱疹ウイルスの再活性化が原因で発症します。
いずれも、膝神経節の部分の顔面神経管が狭いことによって、神経が腫脹すると圧迫されて障害が起き、顔面神経麻痺を発症すると考えられています。

当院による研究報告

第57回全日本鍼灸学会学術大会(京都大会)

「末梢性顔面神経麻痺に対する鍼治療の1症例」を報告しています。
この症例では、顔面神経麻痺(ベル麻痺)に対して鍼治療を施したところ、顔面運動スコア(40点法)において、治療前は6点と完全麻痺の状態であったものが、治療後には36点、つまりほとんど正常範囲に回復しました。

第59回全日本鍼灸学会学術大会(大阪大会)

「ラムゼイハント症候群に対する鍼治療の1症例」を報告しています。
この症例では、ラムゼイハント症候群に対して鍼治療を施したところ、顔面運動スコア(40点法)において4点(完全麻痺)であったものが、最終時の50回目には38点となり、顔面神経麻痺の症状が正常な状態に回復しました。

第34回(公社)全日本鍼灸学会 中部支部学術集会

「末梢性顔面神経麻痺に対する鍼治療の1症例 -発症後約3年半経過した後に鍼治療を開始したベル麻痺の症例-」を報告しています。
この症例は、約3年半前に右のベル麻痺を発症し、2カ月間は病院で薬剤による治療を受け、ある程度症状は回復しました。しかしそれ以上の回復が望めないため治療を中止した患者さまに対して、鍼治療を行ったものです。
その結果、初診時40点法が28 点から最終時(18 回目来院時)38 点と改善が見られました。初診時の症状である右顔面の歪みにより動きが悪い右目周りの違和感は、患者さまの満足のいくレベルに回復しました。
これらの研究報告のほかにも、多くの顔面神経麻痺の患者さまが来院され、症状を改善しています。

顔面神経麻痺に関するアドバイス

顔面神経麻痺を発症する背景のひとつには、体力が低下していることが考えられます。そのため、過度のストレスを避け、十分な休養と睡眠をとることが重要です。
また、顔面神経麻痺は急に顔に症状が出るためにショックを受けられる方も多く、心理的に暗くなりがちです。顔を見られないように外出を控えたり、正常な発音がしにくいため会話が少なくなったりする方も多くいらっしゃいます。
症状が改善する可能性は十分にあります。なるべく明るく活動的な生活を続けるようにしてください。また、寒風や冷房などで顔を冷やさないようにすることも大切です。
自分で行える顔の筋肉を動かす訓練には、鏡を見ながらの百面相や、明確なアイウエオの発声、眼の開閉などがあります。これらの訓練を1日に朝晩2回、5分程度と短めに行うとよいでしょう。ただし、過度にしないことや無理に動かさないことに注意して行ってください。
東洋医学研究所®グループでは、過去の治療実績を基に、顔面神経麻痺に対して全身の調整と、麻痺の改善を目的とした鍼治療を行っています。さらに、それぞれの症状に合わせた表情筋の運動療法や生活習慣の指導を実施しています。ぜひ、安心して鍼治療を受けられることをおすすめします。

よくあるご質問

Q

どのぐらいの期間で治りますか?

A

ケースバイケースです。患者さまの状況を詳しく診察し、お応えします。

Q

顔面神経麻痺にかかり、外出する気も減っています。このまま放っておいて治りますか?

A

顔面神経麻痺は急に発症することもあり、ショックを受けられたことと思います。しかし、早めに治療を受ければ早く治る可能性が高まります。お気軽にご来院ください。

Q

顔面神経麻痺は、本当に治りますか?

A

100%とはいい切れませんが、当院の顔面神経麻痺治療の実績は近年増えてきており、治る確率も上がっています。また「顔面神経学会」にも積極的に参加して最新の技術と知識を常に得るようにしているため、詳しい治療の説明もいたします。

小さな細い鍼で、大きな幸せを。JR「岐阜」駅より車で7分 / 無料駐車場完備最寄りバス停:岐阜バス「柳ヶ瀬西口」小さな細い鍼で、大きな幸せを。JR「岐阜」駅より車で7分 / 無料駐車場完備最寄りバス停:岐阜バス「柳ヶ瀬西口」
  • 058-262-4939 受付時間9:00~12:0017:00~19:00bottom_btn02_sp.png
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ