井島鍼灸院ブログ

2016.02.16更新

以前にもご紹介させていただいた適応症の中から、今回は「腱鞘炎についてについて」をご紹介させていただきます。

腱および腱鞘の炎症です。
  とは、関節などを動かす筋肉の動きを骨に伝えるひもの役目をはたすすじです。細く丈夫な組織です。

腱鞘はトンネル状に腱の周りにあり、腱がスムーズに動くためや、力の方向を変えるために腱を押さえたりする役割をしています。
腱鞘炎とは、腱および腱鞘の炎症をいいます。

手指では、親指のつけねの内側が多く、中指、薬指がこれに次よくみられます。手首では、手首の親指側に多くみられるドケルバン腱鞘炎があります。

原因は反復する手の動作の刺激です。
一般的には、楽器の演奏や、パソコンのキーボード打ちなどの反復する手の動作の刺激によるものが多く、また、捻挫や外傷(けが)などに引き続いて起こることもあります。

他に、結核性、痛風性、リウマチ性、梅毒性などがあります。また、特別の誘因なく起こることもあります。

指や手首を動かしたときに特徴的な症状がでます。
親指の腱鞘炎では、手のひら側の指のつけねに曲げたり伸ばしたりした時の痛みや、押した時の痛みがあります。時に、発赤、熱感、腫れをきたすことがあります。例えば、鉛筆が持ちにくい、コップが持ちにくいなどの症状がでます。

進行すると、ばね指といって、指の曲げ伸ばしの時にひっかかって、カクッと伸びたり、カクッと曲がったりする状態となることがあります。また、親指の曲げ伸ばしの際に、親指の根もとで腱の腫れ(腫瘤)が動くのがさわってわかる時があります。

手首の親指側のドケルバン腱鞘炎では手首の親指側の骨の盛り上がったところを中心として、腫れ圧痛、時に熱感、発赤をきたすことがあります。親指を開いたり閉じたりすると痛みが出ます。例えば、本のページがめくりにくい、ドアノブが回せないなどの症状がでます。親指を中に入れて手を握り、手首を小指側に曲げると痛みが誘発されます。

東洋医学研究所®グループの井島鍼灸院では、長年にわたりこのような腱鞘炎の治療をさせて頂いております。
症状の程度によっては、治療に時間のかかることもありますが、是非、継続的な鍼治療をお勧め致します。        

投稿者: 井島鍼灸院

2016.02.13更新

東洋医学研究所のホームページでは、東洋医学研究所グループの先生方が順番にコラムを担当して頂いています。
  今回は、「皮膚と発汗」と題して東洋医学研究所®グループ二葉鍼灸療院の角田洋平先生のお話を紹介させて頂きます。


皮膚と発汗
東洋医学研究所®グループ二葉鍼灸療院
          院長 角田洋平

 

はじめに
 2月に入り、冬の寒さも一層厳しくなかなか外に出づらくなっているのではないでしょうか?年末年始に食べ過ぎた事に後悔しつつもなかなか体を動かさないでいる、といったところでしょうか。
 冬の寒さもそうですが、秋から冬にかけて起きる空気の乾燥もまた厄介な現象の一つです。空気の乾燥で静電気が起きたり、喉を痛めて風邪をひいたりしますが、女性の方は特に肌の乾燥によるダメージが気になるところだと思います。なかなか積極的に動かない時期ですので汗をかくことも少ないかと思いますが、汗は肌に潤いを与えるこの時期にはとても有難いものです。
 今回はそんな汗と皮膚との関係についてお話したいと思います。


汗の種類
 まず、汗の種類についてですが、汗をかく場面を思い浮かべてみましょう。運動する際に体が温まってくると出てくる汗、夏の真昼間に外に停めていた暑い車の中に入った時にしたたり落ちる汗、これらの場面でかく汗を温熱性発汗といいます。これは体の中の深部体温を一定に保つために体を冷やす目的で流す汗です。
 人間の深部体温はほぼ三十七度に保たれており、もし体温が上がって、汗で冷やせず深部体温が四十度まで上がってしまうと疲労困憊で動けなくなってしまうといわれています。そうならないように汗で体の熱を放散し体温を維持します。
 次に緊張した時など、グッと握った手のひらを見るとじんわり汗をかいていることがあります。これを精神性発汗といい、手のひらや足の裏にかく汗です。その昔、私たちの祖先が外敵に襲われそうになった時に素早く逃げたり木に登って避難するために発達した機能といわれています。その他に唐辛子などの辛い物を食べた時にカプサイシンを摂取した反応として出る味覚性発汗など、状況によってかく汗にも幾つか種類があります。
 では、その汗が皮膚にどのように作用するのでしょうか。


汗の作用
 運動などをして体温を上げて、汗をかくことで皮膚の角層の水分量が上昇します。そして角層にある保湿成分と結びつき、潤いのある皮膚になります。
 また、汗は皮膚の表面に住み着いている皮膚常在菌の好物でもあるので、常在菌がよく働く状態の良い肌になっていきます。常在菌は、病原性のある細菌から皮膚を守ったり、皮膚から分泌される皮脂の過酸化によって生じる活性酸素を分解しその毒性を弱めてくれます。
 さらに汗そのものにも抗菌作用のある免疫物質が含まれており、汗をかく事で皮膚表面は良好な状態になっていきます。
 乾燥しやすい今の季節、積極的に汗をかくのはスキンケアとしても非常に有効なのです。
 

アトピー性皮膚炎と汗
 アトピー性皮膚炎の患者さんの中に「汗をかくとかゆくなったり、症状が悪化したりするから」と、入浴や運動を避けている方がいます。確かに、汗の中には炎症を起こし、かゆみを生じる物質も含まれていますが、続けて汗をかいているうちにそれに慣れてきて、むしろ汗の良い面が出てくるようになります。逆に、汗をかきにくいことによって、体内に熱がこもりやすくなっていることが、かゆみを悪化させる原因にもなります。
 前述した通り、人間は体内温度が上がると汗をかき、汗を蒸発させることで熱を放出します。ところが、アトピー性皮膚炎の患者は汗をかきにくく、毛細血管は皮膚温を低下させようと精一杯開いているのに汗をかけないので、体温は上がり、肌が赤くみえます。
 かゆみの感覚は、三十七度の体温でもっとも敏感になるとされています。体温が上がりかゆみが増し、症状が悪化してしまうのです。
 また、汗をかかないと、角質層の水分量が不足し、肌はカサカサになり、バリア機能は低下してしまいます。
 人間の汗には、皮膚に有益な働きがあります。それをよく認識し、積極的に汗をかきましょう。汗をかいたら、入浴したり濡れたタオルで汗を拭きとるなど、汗の処理をしっかりして、かゆみを防ぎましょう。

おわりに
 今回、汗と皮膚についてお話しさせて頂きました。現代では年間を通して空調が完備され、快適に過ごすことができます。また、いちいち風呂を沸かさなくても、シャワーを浴びることができ、入浴によって汗をかくという機会を減らしています。本来備わっている機能を賦活化させるためにも汗をかく機会を作っていくのは大切なことです。
 汗をかくという事には自律神経が関与しており、その調整には鍼治療が有効です。
 私自身アトピー性皮膚炎があり、皮膚の状態が悪化していた頃、同様に汗をあまりかけませんでした。しかし鍼治療を続けた事で汗をかきやすくなり、熱っぽさが抜けて皮膚の状態も良くなっていった事を覚えています。

 乾燥が気になる方は、車ではなく、歩いて一汗かいて鍼治療を受けにいってみるのもいいのかもしれません。

投稿者: 井島鍼灸院

2016.02.06更新

 最近目の疲れを訴える方が増えてきています。パソコンやスマホなどを使う時間が長くなっているため、しょうがないとあきらめている方が多いようです。目の疲れがあると肩こりや頭痛の原因にもなり、仕事の効率も下がります。当院では鍼治療により眼精疲労の症状が改善している方が多くみえます。一度鍼治療を試してみることをお勧め致します。
 

目が疲れる症状のことで、病名ではありません。

目を使う仕事をしたときに、ふつうの人では疲れないような場合でも容易に疲れたり、目が痛い、目がかすむ、まぶしい、充血する、涙が出るという目の症状や、頭が痛い、肩がこる、吐き気がするといった全身的な症状をおこします。


原因は大きく3つに分けられます。

目に異常がある場合で、屈折異常や調節異常、不等像視、不同視などがあります。

屈折異常には、近視、遠視、乱視があります。目の疲れの原因になるのは、ものを見るときに無理に調節しないとはっきり見えない遠視と乱視です。

近視で目が疲れることはほとんどありませんが、めがねの度があっていない場合には疲れの原因になります。
調節異常の代表は老視で、ものを見るときの調節のはたらきに異常があると、目が疲れます。もっとも多いのが老視です。
また、左右の目に感ずるものの大きさや形がちがう場合を、不等像視といい、両目でものを見ようとしてもうまくいかないので、目が疲れます。 とくに、左右の目の屈折の度がちがう不同視の場合には、疲れやすくなります。

その他、目の病気 結膜炎や角膜炎、緑内障などの目自体の病気のために疲れることがあります。

全身状態が悪い場合で、目そのものにはなんの異常もない場合でも、全身的なからだの状態がよくないときには、目を使うと疲れやすくなります。
 

体には異常がない場合でも、テレビ、ワードプロセッサ、コンピュータなどの画面を長く見つづけるといった目を酷使するための眼精疲労が増えています。

そのほか、照明や見る対象など、環境が悪いためや、神経質な人、精神的な疲労があるときにも、目が疲れます。
 

最近ではパソコンを使う人に多いVDT症候群が注目されています。

最近ではOA機器が導入され、特にパソコンを仕事で使うときは、ディスプレイ像を長時間注視しますので、目が疲れる、目がかすむ、頭が痛いなどの症状を訴える人が多くなっています。このような症状はVDT症候群と呼ばれています。

VDT症候群では、同じ姿勢を長時間連続して行うので首、腕、肩、手などの筋肉が緊張し続けます。そのため、目の症状だけでなく肩こりや、吐き気、ふるえ、胃腸不良などもみられます。

東洋医学研究所Rグループでは、眼精疲労やVDT症候群に対して鍼治療を行い、局所の血流をより良好に保つとともに、全身の調整をさせて頂いております。

是非、副作用のない鍼治療を受けられることをお勧め致します。

投稿者: 井島鍼灸院

2016.02.03更新

以前にもご紹介させていただいた適応症の中から、今回は「歯痛について」をご紹介させていただきます。


歯痛とは?

歯の表面は、エナメル質でおおわれています。その内側が象牙質で、その中に歯髄があります。歯髄には神経や血管があり、歯痛はこの神経が感知します。その他、歯肉(歯ぐき)など、口の中の他の部分が感知した痛みを歯痛と感じることもあります。

 原因は?
歯痛の原因は虫歯(う蝕症)が大半を占めますが、そのほか様々なものが考えられます。

虫歯:歯に付着している歯垢には、ストレプトコッカス・ミュータンスという細菌がいます。この細菌は、糖分を栄養にして増殖して酸を産生します。この酸の作用によって、歯の表面をおおっているエナメル質が溶け虫歯になるのです。初期症状は、歯がしみるなどの症状がみられます。

知覚過敏:虫歯がないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシがあたるとピリッと痛かったりする場合には、知覚過敏の可能性があります。

歯髄炎、歯槽膿漏:歯の神経のある歯髄に細菌感染が起こったり(歯髄炎)、歯の根っこの中の細菌が繁殖して根っこの先端に膿を作ったりする(歯槽膿漏)ことによって歯痛になることがあります。

その他:かみ合わせに問題がある、精神的なストレス、神経系の異常、頭痛、肩こりなどが歯痛の原因になっていることもあります。


黒野保三所長により「歯科領域における鍼治療の応用について」と題して講演会が行われています。
平成20年5月24日、愛知県江南市北野町において尾北歯科医師会の依頼を受け、 黒野保三所長が「歯科領域における鍼治療の応用について」と題して講演されました。

講演の中で、黒野保三所長と歯科領域との関わりは、30年以上前からあったことが紹介されました。
1973年に、第20回日本鍼灸学会学術総会が名古屋大学豊田講堂において開催された際に、当時名古屋市立大学高木健太郎学長と黒野保三所長らの尽力により、戦後初めて中国医師団を日本に招き、愛知県・関東・関西など各地で、鍼麻酔の特別講演やシンポジウムが行われました。
その後、全国に鍼灸ブームが起こり、その流れの中で黒野保三所長は岐阜大学の佐野節夫先生や、愛知学院大学の小長谷九一郎先生、北山誠二先生らと抜歯時の鍼麻酔の効果について実験を行われました。
その時の経験から鍼治療によって、①歯痛や抜歯の痛みをある程度緩和できること、②抜歯の際の出血を減らせること、③抜歯の後の歯肉の盛りを良くし、早く正常な状態にもどすこと、などができる可能性を述べられています。
また、①特に歯への影響が大きいと考えられる口腔乾燥症(唾液が出ない)に対する鍼灸の治療効果が期待されていること、②歯の治療後に起こる頚肩の凝りの改善に鍼灸治療が有効であること、③アンチエイジングに対する有用性をともに期待されていることなど、鍼灸治療と歯科領域は非常に深い関係があるというお話がありました。

東洋医学研究所®グループの井島鍼灸院(岐阜市)では、このような黒野保三所長の研究と経験をもとに、歯科との連携を前提とし、歯科領域の疾患に対して鍼治療をさせて頂いております。

是非、副作用のない鍼治療を受けられることをお勧め致します        

投稿者: 井島鍼灸院

SEARCH

CATEGORY

小さな細い鍼で、大きな幸せを。JR「岐阜」駅より車で7分 / 無料駐車場完備最寄りバス停:岐阜バス「柳ヶ瀬西口」小さな細い鍼で、大きな幸せを。JR「岐阜」駅より車で7分 / 無料駐車場完備最寄りバス停:岐阜バス「柳ヶ瀬西口」
  • 058-262-4939 受付時間9:00~12:0017:00~19:00bottom_btn02_sp.png
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ